埼玉県高校図書館研究会規約集

高図研規約

   ● 高図研規約.doc



埼玉県高等学校図書館研究会規約


名称及び事務局)

1条 本会は、埼玉県高等学校図書館研究会と称し、事務局を会長の指定する学校内に置く。

(目 的)

2条 本会は、高等学校の学校図書館運営に関する研究を行い、併せて会員相互の研修と親睦を図ることを目的とする。

(事 業)

3条 本会は、前条の目的を達成するため下記の事業を行う。

1. 研究会の開催

1. 図書館の見学

1. 会報研究資料等の発行

1. その他、本会の目的達成に必要な事業

(会員・準会員)

4 本会は本県高等学校の学校図書館担当の教員及び学校司書をもって組織する
 特別支援学校もこれに準ずる。

(役員及びその定員)

5条 本会に次の役員を置く。

1. 会 長 1

1. 副会長  若干名

1. 理 事  若干名

1. 幹 事 21

1. 監 事  2

(役員の任務)

6 会長は本会を代表し会務を統理する。
 副会長は会長を補佐し会長に事故あるときはその職務を代行する。
 理事は、会務を分担し理事会を組織して本会の運営に当る。幹事は、庶務、会計、事務に当る。
 監事は、会計を監査する。

(役員の選出方法)

7 会長、副会長は、理事会において推薦し総会の承認を得る。
 理事は県内4地区の各地区から若干名を選出する。
 幹事、監事は理事会において推薦し会長がこれを委嘱する。

(役員の任期)

8条 役員の任期は、2年とする。ただし再任を妨げない。

(部 会)

9条 本会に、部会を置くことができる。

(会 議)

10条 総会は、毎年1回開く。必要により臨時総会を開くことができる。
 理事会は随時開催し、緊急の場合は総会に代えることができる。

(顧 問)

11条 本会に顧問を置くことができる。

(会 費)

12条 本会の会費は高等学校連合教育研究会の配分金及び補助金をあてる。

(会計年度)

13 本会の会計年度は、毎年41に始まり翌年3月31日に終わる。

附 則

本規約の変更は、総会の承認を要する。

この規約は昭和33425日から実施する。
37523    一部改正
昭和39528    一部改正
昭和57518    一部改正
平成 9530日 一部改正
平成18524    一部改正

     平成28517日  一部改正



研究活動方針


 

1.  研究活動方針

 図書館活動を支える理念と、その技術を深め共有できることをめざし、共同して研究にあたる。

2.  研究目標

(1)  各学校における実践活動の充実・発展

(2)  学校図書館機能の充実と拡大


3.  研究のすすめ方

(1) 研究のすすめ方について

研究活動方針・目標を具体化するため、研究委員会・専門委員会を置く。専門委員会は資料発行を主な任務とする。
 さらに、緊急度が高く、あるいは研究の要望がありながら常設委員会などでカバーしきれない課題については研究委員を委嘱することができる委員会の構成や名称を見直す必要があるときは、広く会員の意見を募り研究部を中心に検討する。

(2) 研究委員会・専門委員会について

研究委員会は下記の12委員会を置く。
(
施設
(図書委員会指導

  委員会指導 ②研修会指導
(ハ) 資料
(コンピュータ
(読書指導
(利用教育
(レファレンス
(特別支援教育
(職員制度
(ヌ) 図書館協力
(ル) 文化活動
(私学高校図書館活性化
専門委員会は下記の4委員会を置く。
() 白書
() 読書案内改訂
() ISBN総合目録
() 高図研サイト

 委員は地区ごとに若干名を選出し、それぞれの委員会に委員長を置く。委員の任期は2年とする。ただし再任はさまたげない。

(3) 委嘱委員について

 理事会で提案し、総会で認められた課題について個人・グループに研究を委嘱できる。
 この研究の委嘱・援助については理事会において個々に審議し、決定する。

 (4) 研究成果の報告について

各研究・専門委員会は、任期中に研究の成果について

() 夏季研究集会

() 秋季研究集会

のいずれかにおいて報告し、成果の還元を図る。

 

4.  研究部

 研究部は理事及び理事会の承認を得た部員によって構成し、部長を置く。部長は役員会の構成員となる。研究部は企画を主たる任務とし、下記の企画・運営・編集にあたる。

() 夏季研究集会

() 秋季研究集会

() 研究・専門委員会

() 年報「埼玉高図研」編集

 研究部は高図研の研究をまとめ、年報に掲載して全会員に研究成果還元を図る。年報は記録性を重視して編集するものとする。


高図研サイト運営規程



(本規程の目的)
第1条 この規程は、埼玉県情報セキュリティポリシー、彩の国学校間ネットワークシステム実施要綱、及びホームページの公開及び開設に関する規程に基づき、埼玉県高等学校図書館研究会(以下「埼玉高図研」という。)が利用する学校間ネットワークのサーバ上のシステム(以下「高図研サイト」という。)の運用管理及び利用に関する事柄を定めるものである。

(高図研サイトの目的)
第2条 高図研サイトは、「埼玉県高等学校図書館研究会規約」に則り,当会の目的を達成するために開設する。
2 高図研サイト外部向けページ(以下「高図研ホームページ」という。)は、本会の活動を広く公開し、県内・他都道府県・関係機関等の理解推進を図るために開設する。
3 高図研サイト会員向けページ(以下「高図研.net(ドットネット)」という。)は、会員間での情報交換を行い、会務の運営や研究活動の共有を図るために開設する。


管理体制について

(高図研サイトの責任者)
第3条 高図研サイトの管理責任者は、埼玉高図研会長とする。
2 高図研サイトの運営調整担当は、埼玉高図研副会長のうち一名がこの任にあたる。

(高図研サイト検討委員会)
第4条 高図研サイトの掲載内容を検討するため、埼玉高図研には高図研サイト検討委員会(以下「サイト検討委員会」)を置く。
2 サイト検討委員会の委員長は運営調整担当が兼ねる。また、サイト検討委員は会長、副会長、各部長、各支部長を含む役員会の構成員が兼ねる。
(サイト運用担当者)
第5条 高図研サイト全体に関する実務を担うため、サイト検討委員会はサイト運用担当者を委嘱できる。

(サイト利用者の範囲)
第6条 会長は、高図研会員校の教諭と司書又は高図研サイトの運営に必要であるとサイト検討委員会が認めた者(以下、「サイト利用者」という。)に、各々固有のログインIDとパスワードを発行する。
2 会長は、不要になったログインIDを速やかに削除しなければならない。

(サイト利用者の義務)
第7条 サイト利用者は、次の各号に掲げる事柄を尊守しなければならない。
一 サイト利用者以外が高図研.netにログインしないよう、ログインIDとパスワードを厳重に管理しなければならない。
二 会員情報を正しく登録するように努めなければならない。


ページの改廃について

(高図研ホームページのページ開設または閉鎖)
第8条 高図研の各部、委員会(委嘱委員を含む)、理事会、幹事、各地区又はサイト検討委員会で認めたグループ(以下、「各グループ」)は、高図研ホームページにページを開設することができる。
2 各グループがページの開設及び閉鎖を希望する場合は、別記第1号様式により、運営調整担当に申請しなければならない。
3 前項の規定による申請があった場合は、運営調整担当はサイト検討委員会に提案し、その議決をもって可否を決定する。

(高図研ホームページのページ更新)
第9条 各グループは、ホームページの掲載内容が常に最新のものであるよう努めなければならない。
2 各グループが、高図研ホームページ内のページ更新を希望する場合は、更新内容を運営調整担当に申請しなければならない。
3 運営調整担当は、前項の規定による申請があった場合はサイト検討委員会に提案し、その議決をもって可否を決定する。ただし、申請内容が前条の申請の範囲内であると判断した場合には、会長と合議の上で可否を決定することができる。

(高図研.netのページ開設または閉鎖)
第10条 各グループは、高図研.netにページを開設することができる。
2 各グループがページの開設及び閉鎖を希望する場合は、別記第2号様式により、運営調整担当に申請しなければならない。
3 各グループのうち、高図研の組織に基づく各部、委員会(委嘱委員を含む)、理事会、幹事、各地区等から前項の規定による申請があった場合、運営調整担当は会長と合議の上で可否を決定する。また、サイト検討委員会にページの開設を報告する。
4 前項に該当しないグループから前項の規定による申請があった場合、運営調整担当はサイト検討委員会に提案し、その議決をもって可否を決定する。


内容の維持

(ページで提供すべき内容について)
第11条 各グループは、高図研サイトを活用して次に掲げる事柄について積極的に情報を提供するものとする。
一 部、委員会等の紹介
二 研究内容の共有
三 議事録
四 その他県民のニーズが高い情報

(サイト検討委員会によるページ作成の依頼)
第12条 サイト検討委員会は、前条の提供すべき内容に照らして必要と認めた場合に、各グループにページ作成を依頼することができる。

(各グループの義務)
第13条 高図研ホームページの掲載内容については「彩の国県立学校間ネットワークシステム実施要綱」および「ホームページの公開及び開設に関する規程」を遵守する。
2 高図研.net内には、閲覧者が自由に書き込みできる掲示板等を設置することができる。この場合、各グループは掲載内容の管理に務め、不適切な書き込み等については運営調整担当に報告するとともに、すみやかに適切な処置を行わなければならない。

(サイト検討委員会によるページの改廃)
第14条 高図研サイトの内容として不適切な内容が高図研サイト内に掲載されている場合、サイト検討委員会は該当グループに事前に通知することなく、そのページを削除できる。
2 委員会の活動休止などの理由でページ作成者が不在になった場合、サイト検討委員会はそのページを削除又は改変の上、ページの保全を行なうことができる。


その他

(協議)
第15条 高図研ホームページ及び高図研.netの運用については、高図研サイト検討委員会が別に細則を設けることができる。


附則
この規程は、平成26年6月1日以降効力を発する。