子供の読書活動優秀実践校

高図研から推薦し、文部科学省の「子供の読書活動優秀実践校」に表彰された学校を紹介します。
各校の実践報告書も掲載しています。

読書活動優秀実践校紹介

令和2年度 飯能高校

 飯能高等学校は、「地域に根ざし、高い志を持ち、社会に貢献できる生徒を育む学校」を目指す共学の普通科高等学校である。
 図書館は学校の隅に位置することから「すみっコ図書館」の愛称で呼ばれている。すべての生徒にとって居心地のよい「サード・プレイス」であり続けることをスローガンとしており、資料や授業利用だけでなく、滞在する楽しさを追求した様々な仕掛けで生徒や職員を呼び込む。
 人や地域とのつながりを重視し、図書館サポーターを組織して図書館活動を推進するほか、図書館の魅力を外部に発信し、見学者を積極的に受け入れることで、生徒が大人と触れ合う機会をつくり、社会性を養っている。

 

・飯能高校の実践報告はこちら 飯能高校図書館.pdf

飯能高校ホームページ

平成31年度 所沢西高校

 所沢西高等学校は、「心身を鍛練し、自主自立の精神を養い、調和のとれた心豊かな人間を育成する」ことを目指す共学の普通科高等学校である。
 図書館では、定期的に広報を発行するほか、館外にある複数の掲示板の掲示物を更新し、常に図書館からの情報発信を行っている。館内では本校生徒の興味関心に合わせた常設コーナーを多数設置するほか、毎月テーマを変えて特設展示を行っている。

 また、「授業・学校行事・部活動・進路活動・生徒募集への積極的な支援」を活動目標の一つに掲げ、これらに関連する資料を充実させるほか、近隣のネットワーク加盟校・市立図書館等から多数の資料を借用して授業・課題へのサポートを行っている。図書委員会活動が活発であることも本校図書館の特徴の一つである。

 

・所沢西高校の実践報告はこちら  所沢西高校図書館.pdf

所沢西高校ホームページ

平成30年 春日部女子高校

 春日部女子高校は、「高雅な品格」「凡事徹底」「恩送り」「noblesse oblige」を目指す人間像として掲げる普通科と外国語科を設置する女子伝統校である。「土曜公開授業による学習時間の確保」「学習合宿による高校生活の基礎づくり」「読書活動の推進」を行い、学びの環境を整えており、その活動に学校図書館が積極的に関わっている。

 2014年から「学校進学力パートナーシップ推進事業」推進校に指定され、ビブリオバトルを活用した読書推進を行ってきた。指定校としての任期が終了した後も、校内独自でプログラムを作り、ビブリオバトルを定期的に行うことを中心に読書活動を推進している。

 また、教科や学年行事と連携し、図書館を積極的に活用し、生徒の読書習慣の定着と資質向上を図っている。広報紙の発行、学校のホームページの更新を含め、読書への取り組みについて、積極的に情報発信を行っている。 

・春日部女子高校の実践報告はこちら  春日部女子高校図書館.pdf

春日部女子高校ホームページ

平成29年度 松山女子高校

 松山女子高校は、「社会に貢献する『凛として輝く』女性を育て、地域の期待に応える新学校」を目指す普通科女子高校である。

 「学校行事、部活動、委員会等で自主自立の精神と円滑な人間関係を醸成する。」を重点目標の一つに掲げ、図書館では「広報誌を通じて、幅広い分野の本、興味深く読める本を紹介すると共に、教員のニーズを探り、学習活動を支援する図書館作りを目指す」「平素より、図書館資料の整理と更新を図り、ビブリオバトル等の情報を発信していく」「委員会活動に生徒が主体的に取り組むよう促す」を方策として図書館運営にあたっている。

 国語の授業に即した「授業に役立つ本」コーナーの設置、また、新入生オリエンテーション合宿からビブリオバトルを導入し、入学時から読書習慣の定着とその質的向上を図っている。

   

・松山女子高校の実践報告はこちら  松山女子高校図書館 
                                                            資料1~3  資料4-1 資料4-2

松山女子高校ホームページ

 

平成28年度 本庄高校

 本庄高校は、「個性を伸ばし、世界にはばたく人材を育成する、地域に信頼される学校」を目指す普通科高校である。

 「全人教育の徹底をはかるため知育、徳育、体育の調和をはかる。」を学校教育方針の一つに掲げ、図書館では「授業での新聞の活用や読書を推奨する。」「図書館の地域開放を継続し、地域の教育文化の発展に資する。」を方策として図書館の運営にあたっている。図書館入口には、当日の新聞各紙の第1面を掲示し、新聞への関心を高めると共に地歴・公民科の授業での新聞活用を図っている。

 毎週土曜日は、図書館の地域開放を実施し、地域住民の方々の図書館利用の要望に応えている。

 

・本庄高校の実践報告はこちら  本庄高校図書館.pdf

本庄高校ホームページ

平成27年度 浦和第一女子高校

 浦和第一女子高校図書館は、「教科と連携した図書館づくり」を運営の第一の方針として位置づけ、「研究意欲を盛んにし、勉学に対して常に積極的な習慣を養う」という指導方針に沿った図書館を目指している。

 特に国語科や、英語科からの要請により、生徒の課題学習に役立つ資料をそろえ、生徒の図書館利用の推進にもつなげている。

 

・浦和第一女子高校の実践報告はこちら  浦和第一女子高校図書館.pdf

                    浦和第一女子(資料).pdf

浦和第一女子高校ホームページ

平成26年度 和光高校

和光高校は、「知性と教養を高め、心身ともに健康で人間性豊かな若人」の育成をめざす男女共学の普通科高校である。

図書館では、一人でも多くの生徒に読書の楽しさを知ってもらうため、生徒が興味を持つ資料を収集し、レイアウトにも変化を持たせ、利用しやすい環境作りを行っている。また、今年度は「授業改善を進め、生徒の学習習慣と基礎学力の定着を図るとともに図書館を活用し、言語環境の向上をはかる」を重点目標の一つとしており、授業を行いやすいレイアウト変更を行うとともに、教員へのサポート強化によって、図書館の授業利用も増加している。

 

和光高校の実践報告はこちら 和光高校図書館.pdf

和光高校ホームページ

平成24年度以前の読書活動優秀実践校

  • 平成24年度受賞校 草加東高等学校 (実践報告 H24-soka-higashi.pdf 
  • 平成23年度受賞校 越谷総合技術高等学校 (実践報告 H23-koshigaya-t.pdf 
  • 平成22年度受賞校 浦和西高等学校 (実践報告 H22-urawa-nishi.pdf 
  • 平成20年度受賞校 熊谷西高等学校 
  • 平成19年度受賞校 久喜高等学校 
  • 平成18年度受賞校 伊奈学園総合高校 
  • 平成17年度受賞校 白岡高等学校 
  • 平成16年度受賞校 鳩ヶ谷高等学校 
  • 平成15年度受賞校 新座高等学校